Paris 至高のビストロ! PHILOU

ボンジュール ノリエモンです。

「パリで本当に旨いもの食べたいならここを訪ねろ!」っていうビストロに出会いました♪
井川シェフにお薦めのビストロをたずねたところ、間髪入れずに出てきた応えが10区にあるこちらのお店「PHILOU(フィルー)」でした。
b0060363_17165519.jpg
グーグルマップを見ながらサンマルタン運河沿いを歩いて行くと簡単にたどり着きましたよ。
b0060363_17170377.jpg
b0060363_17171244.jpg
シェフとパティシエをやってらっしゃる女性のスタッフが日本人なのでメニューの選択に苦労は要しません^^
b0060363_17184670.jpg
プリフィックスなので前菜、メインおまけにデセールをチョイスします。
今回はワインのおつまみセット的なパテ&カモ肉の生ハムとこちらのスープ♪
b0060363_17185206.jpg
メロンの冷製スープにカモ肉の生ハムです。
のっけからノックアウトされました。天才ですわ~ここのシェフ!
すっきりとしたメロンの甘さにほのかなハーブが香るムース、カモ肉の生ハムのうま味と塩加減が絶妙で倒れそうなくらい旨い!
パテもマスタードなんて必要なし! 酸味の効いたパンに付けて食べると止まらない、、、、
「このお店スゴイね!」と顔を見合わせる二人♪

b0060363_17185768.jpg
メインのお魚、食べてみるとスズキなのか?でもなんか違うぞ?焼き加減はドンピシャで生臭さもなく絶品です。
b0060363_17190307.jpg
大きなお魚の下にはラタトゥイユが隠れています。
お魚の正体は後でシェフに聞いてみると「メーグル」と言うそうです。スズキと鯛のあいの子みたいな感じのお魚で日本では見たことないなと仰ってました。
b0060363_17181721.jpg
お肉料理はポークです。一切れ口に運ぶとキムチっ子さんが悶絶してました!
なんて言いましょうか表現し辛いのですが、低温調理かな?じっくりと時間をかけて仕上げてます。
ミディアムレアとかでは表せられない柔らかさとジューシーさに相まって肉のうまみがほとばしるんですよ!ソースもお肉のうまみを邪魔しない軽いもの♪

b0060363_17182204.jpg
フランスの方は脂身を嫌うのでサシが入った柔らかさではなく、薄いピンクの焼き加減はシェフの天才的な技量によるものだと思われます。
こんな油の少ない旨い豚肉は初めて食べました。
技術が足りないとパッサパサになってしまうんだろうな。凄いの一言です。。。

綺麗だけど何食べてるのか分からない料理が多い中、こういうシンプルな旨さを求めてたんだよな♪
b0060363_17182824.jpg
b0060363_17190895.jpg
デセールも濃厚かつ程良い甘みのチョコレートがとっても美味しいんですよ!
赤いのはルバーブみたいな感じのお野菜って言ってました。
b0060363_17382628.jpg
後日、井川シェフに「ありがとう!想像を絶する旨さやったわ♪」と伝えると、、、
満面の笑みで「そうでしょう~フランスの料理人の中でも相当評価高くて、僕を含め勉強の為に通ってる方多いですから」
「全部美味しかったけど特にお肉凄かったわ!」
「そうなんですよ~ 焼きに関してずば抜けていて神業です」
b0060363_17425792.jpg
右のスラッとした男性が火入れの魔術師こと「前田シェフ」
笑顔の素敵な女性がかえさんです^^

再訪決定というより、時間つくって来週もう一度伺いたいと思わせるビストロです。
知る人ぞ知る名店ってあるんだな~ セ トレボン!

店名・・・「PHILOU」
住所・・・12,avenue Richerand 10区
TEL・・・01 42 38 00 13


皆様~今日もポチリの応援クリック、ご協力をお願いしますっ!!
「料理教室」「人気ブログランキング」のバナー、もしくはキムチっ子さんの写真を1日1回~クリックしてください応援よろしくおねがいします。



人気ブログランキングへ ← クリックジュセヨ♪ →  いつもありがとうございます♪



我が家の韓国料理教室 ホームページ

韓国旅行の情報満載! にほんブログ村 韓国旅行


by nakachan02 | 2017-06-15 18:10 | ノリエモン日記 パリ | Comments(0)

ソウルにお料理留学していた主婦が「我が家の韓国料理教室」をオープン(韓国宮廷料理や家庭料理) 東京都内&福岡で開講中。東京教室のお問い合わせはkimuchi_club@yahoo.co.jpまでお願いします。


by nakachan02