人気ブログランキング |

料理研究家 結城奈佳のブログ ソウルにお料理留学の後に「我が家の韓国料理教室」をオープン(韓国宮廷料理や家庭料理) 東京都内&福岡で開講中。東京教室のお問い合わせはkimuchi_club@yahoo.co.jpまでお願いします。


by キムチっ子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

私が韓国料理教室をはじめるまで・・・韓国ひとり暮らし編

私が韓国料理教室をはじめるまで・・・というタイトルでたまにブログを書き始めてこれで4回目。

①私が韓国料理教室をはじめるまで・韓国との出会い → 
②私が韓国料理教室をはじめるまで・韓国に住むまで → 
③私が韓国料理教室をはじめるまで・半地下生活編  → 


昨今の状況で時間が出来たことで、何かやっておくことはないか、、と思い書き始めた自分の備忘録ですが、思いのほか読んでくださる方が多いことにビックリしたのと、思った以上に私が忘れていることが多いという情けなさ。

前回の話で登場したチングのyuka曰く、出会った時には私はジーンズのスカートにおさげだったと(爆)
なんですって!!!
あたしゃ、そんなにダサかったのかと自分で笑ってしまいました。

まぁそんなこともあるのが昔の話ですが、今回はいよいよ無謀にも始めたホントのひとり暮らし編です。

オットのノリエモン(←たまに私の代わりにブログを書いてます)とは3か月の約束でスタートした留学生活でしたが、3か月なんて海外生活初めての私にとってはものの2~3週間くらいの出来事のようでした。

だって、大学の語学学校に毎日通ってるはずなのに、なんにも喋れなかったのですから。
若くて真面目な年下のクラスメイトはどんどん上達するものの、脳の回路が目詰まりしていた(?)私は先ずはそこの掃除から始めなくてはならないくらいのカメの歩み。
お買い物の値段が聞き取れない、テレビはノイズ、先生の言ってることもたまに全然分からないとなると、これはまだまだお勉強不足でしょう。

オットに「喋れるようになった~?」って聞かれるも「全然・・・」
3か月で喋れるようになると思ってたオットに「とにかく全く喋れないからもう少し喋れるようになるまでお勉強したい」というと、「あれ、そっか。。。それは仕方ないね」と帰国しない妻にがっかりしたのか喜んだのかは電話では分かりませんでした。

とにもかくにも更に1学期(3か月)の延長留学になった私はひとまず引っ越しの準備に取り掛かりました。

まわりの下宿仲間たちに恵まれて、悲壮感も何もなく過ごした半地下生活でした。それどころか、留学を終えた今でも付き合いのある良い子達ばかりです。たった3ヶ月だったのに、下宿を出る時には少しウルルときたくらい。

さぁ!キッチンのあるワンルームへ引っ越し作戦開始です。

*出来れば今の住み慣れた下宿から近いところがイイ
*出来ればセキュリティのしっかりしてるところがイイ
*出来れば綺麗なところがイイ

と、3つの条件を出して見つけたのは学校からもほど近いワンルームの新築マンション♡
しかも、ベットも机も洋服ダンスも付いてるの。湯船は無いけどシャワーもバッチリの水圧。
なんと言っても小さいながらも小さな冷蔵庫がついたキッチンがある!テンション上がりました。

韓国では韓国ならではの不動産契約があって、保証金を払って月々のお家賃を払うウォルセと、先にまとまった保証金を払って月々のお家賃を払わなくていいチョンセ。しかも、保証金はのちに返してもらえるという大きく分けて2つの賃貸契約。
「ええええ??そんな素晴らしい契約があるならワタシ、断然チョンセーーー」と喋るのもままならないくせに大きく出たワタシ。

後に、ドキドキする保証金返金の話があるのですが、その時にはそんなことはま~~ったく考えずに、不動産屋さんへ足を運び、持ってきた預貯金の全財産を保証金にあて、夢のワンルーム生活をスタートさせたのでした。

もしも保証金が帰ってこなかったら私は一文無しになる。今考えてもハラハラする話です。決してお薦めしている話ではありません。

という訳で、初めての海外生活で不動産屋までいって契約書を交わし、チョンセで小さいワンルームマンションに住むことになった私!
晴れて、半地下オンナからの~~ワンルームへ!

なんて、それほどのお部屋ではありませんでしたが、ドアは、韓ドラに出てくるボタンを押して「ピロリロ~ン ガチャッ」って開くドアだし、小さなお部屋だけど、大きな窓から気持ちのよい日差しが入るとっても明るいお部屋。
これで勉強もはかどるわ~と思ってましたがそれは大間違いでした。

だって、オンドルはポカポカでお昼寝にも最高でしたからね。

新しい場所での生活がスタートしても語学堂でのお勉強は遅々として進まず。。でもそれはそれで楽しかったです。
学校には大学から交換留学生で来た人、韓ドラや神話や東方神起にはまった女子、お仕事をリタイヤしてからの第2の人生を楽しまれてた先輩方、外国人もモチロン。
今まではなかなかお知り合いになれなかったような方々と同じ学び舎で机に向かい、時に大笑いをし、自分をさらけ出し、そして週末ごとの飲み会を楽しんだのですから。人生の中で大切な大切な時間、そして大切な仲間ができたひと時でした。

そして3学期目に入ったところから(既になぜか7か月目)私は別の料理教室に通うようになります。
淑明女子大学校 韓国飲食研究院 というなんとも堅苦しい名前ですが、、その名の通り、淑明女子大学(スンミョンヨジャテハッキョ)通称スッテという女子大の敷地にある料理学校です。

こちらの学校に通うには、時間割の関係上どうしても語学学校を早退しなければいけない曜日が出てくるのですが、元々お料理を学びたかった私に語学堂の先生達はとても寛大で「ヨルシミハセヨ、パイティンヨ ナカッシ(私の名前)」といって笑顔で送り出してくれてました。しかし試験はえらく心の狭い(あら失礼)厳しい採点でしたが、先生達のお陰で渡韓時より益々韓国を好きになったのは間違いないと思います。カムサハムニダ。

私はこの料理学校に行ってからというものものすごくお喋りが楽しくて、語学堂で習った文法を全部使っては皆に褒められ、料理学校では調理中に教えてもらう色んな言葉やことわざを語学堂で披露するという楽しみを覚えたのでした。
料理学校での会話は早口で全然分からない時もありました。でも、私の変な韓国語が面白かったのか、まわりのネーサン達にはとても可愛がられ、先生の言葉が分からず電子辞書を引いていると誰かの手がパッと伸びてきてレシピに書き加えてくれるのでした。

淑明女子大学校 韓国飲食研究院→ 

こちらの大学には素敵な博物館もあります→ 
(今、閉館してますがまた開館しましたら是非)

ここでも色んなお料理を学びました。韓国料理の基礎から学びなおし、家庭料理から宮廷料理まで色んな韓国料理を学び1枚1枚写真に収め、家に帰って出来るものは復習するという日々。

ただ・・・韓国のその頃のスーパーはひとり暮らしには優しくなかった。。。。
ネギは1束抱えるサイズ、玉ネギも1袋10個、卵は30個入り。。
少しずつ売ってくれるというので、道でお野菜売ってるハルモニ(おばあちゃん)達から買うと、オマケをしてくれるので結局倍の量(笑)

そんなこんなで得したのか消費が大変で苦労したのかよく分かりませんが、物価は安い当時の韓国、食べるものには何も苦労することなく過ごしたのでした。

しか~~し!!洋食も食べたかったな~~~。
どーーーーーしても食べたくなったビーフシチュウを作ろうと新世界百貨店にまで行ったけど、デミグラスソースすら売ってなかった当時。仕方なく外食でトマトソースパスタを食べたら目が飛び出るほど辛くて椅子から落ちそうになりました(←今はそんなことなく美味しいお店も沢山あります)

美味しい食パンも食べたかったなーーーー
ケーキも飾りがプチトマトだったなーーー

そーそーこんな感じだったわというお写真がどちらかのサイトありましたのでお借りしました。
私が韓国料理教室をはじめるまで・・・韓国ひとり暮らし編_b0060363_10173775.jpg


当時トマトは果物と野菜の中間という位置づけで、「果物=クァイル」「野菜=ヤチェ」なので、トマトは「クァチェ」と言われることもあるの!と大学の先生がおっしゃってました。なるほど~

でもでも、今考えるとどれもこれもいい思い出です。ケーキといえばコグマケーキとの出会いもあったし、パスタを食べずともククスが美味しいし、郷に入れば郷に従えではありませんが、その場の美味しいものを食べる方が100倍の満足感。

そして、そんなお料理をお勉強できる幸福感。その後も語学堂と料理学校の二足のわらじを履いて語学堂の修了式まで突っ走るのでした。そこまで約1年。

オモオモ!3か月の約束が既に1年。。。
その間オットはというと、日本人や在日韓国人クラスメイトの要望に応え毎回数十個の納豆を担いではちょこちょこ来てくれていましたよ。クク


まだまだ続くよ韓国生活。

続きはまたいつか。


ランキングに声援を宜しくお願いします~~~。応援のひと押しを!
「人気ブログランキング」のバナー、「韓国旅行」のバナーもしくはキムチっ子さんの写真を1日1回~クリックぢゅせよ~♪
応援よろしくおねがいします。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

1日1回押してくださるとランキングがググッと上がります~~

← クリックジュセヨ♪ → にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ いつもありがとうございます♪


我が家の韓国料理教室 ホームページ ←これまでのお教室の様子などはコチラへ。

お仕事の依頼やお教室のお問い合わせはこちらへお願いします→ kimuchi_club@yahoo.co.jp 結城まで

PVアクセスランキング にほんブログ村











by nakachan02 | 2020-03-23 21:56 | 私が韓国料理教室をはじめるまで | Comments(0)